借地権とは何か?


借地権借地権と言う言葉を聞いたことはあるでしょうか?読んで字のごとく土地を借りる権利ということで、第三者の土地を借りてその土地に自己所有の建物を建てることができる権利のことです。この土地を貸す人、つまり地主のことを借地権設定者または底地人とも言われています。反対に土地を借りる人を借地権者と言います。借地権者は地主から土地を借りることでその対価として地代を払う必要があります。

借地借家法に基づく借地権には建物の所有を目的とする地上権および土地賃借権が適用されます。したがって建物を具体的に築造して所有することを意味します。これに対して建物の所有を目的としない土地の賃貸借に対しては借地借家法に基づく借地権には適用されず民法上の借地権として適用されることになります。例えば月極駐車場、資材置き場、ゴルフの練習場、販売展示場などがこれに当たります。

では借地権と所有権とでは何が違うのでしょうか?所有権とはまさに土地を所有する権利のことで土地を買った人が所有者になります。借地権と所有権ではどちらにメリットがあるかというと絶対的な差はありません。借地権と聞けば借りるというイメージがあるので所有権の方が得に感じるかもしれません。しかし土地の所有者になると土地に対する固定資産税や都市計画税を支払う義務が生じます。借地権の場合は固定資産税や都市計画税に対する支払いの義務はありません。最近では所有権を購入するより最終的には安価で借地できる場合も多くあります。