二つの借地権


借地借家法借地借家法では法定更新される普通借地権と法定更新を排除する定期借地権の2つに分けることができます。旧法で定められていた借地権の存続期間は当事者間での取り決めがない場合堅固建物で60年、非堅固建物で30年、更新後の存続期間も30年と20年となっていました。これらの問題の反省から新法での普通借地権は借地期間を最低30年とし借地権者が希望すれば自動更新できるという権利になりました。建物も堅固建物、非堅固建物の区別もなくなりました。

借地借家法における借地権の多くは定期借地権で法定更新ができないようになっています。一般的に借地期間を50年と定め期間満了時に借地権者は土地を更地にして返還しなければなりません。また借地権の更新や建物買取請求権などは認められていません。このような改正をすることで地主が貸した土地が半永久的に帰ってこないということもなく、土地も更地になって戻ってくるようになります。一般定期借地権は主に借地権付分譲住宅の敷地として設定されます。土地を直接購入するよりも安く借地できることが多いので、マイホームの購入にも近づくことができます。ただし50年という長期契約になるため短期、中期での土地活用を考えている人にはあまりメリットのあるものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です